アッチャー!? インド生活
これからのインド生活が アッチャー(ヒンディー語で「良い・素敵」)なるか、 はたまたアチャチャ…になってしまうのか? →結果:ボハット アッチャー!!インド生活!《インド生活、ムッチャええ~!》第二弾日本生活ブログは『布団が吹っ飛んだ!』です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
ニルギリ高原~その4~
ニルギリ鉄道でOoty駅に到着して、最初に向かった先はローズ・ガーデン。これまた予備知識もなかったので、申し訳ないけど「どうせショボイんちゃうか…」と期待はしていなかったのだけど、それも良い意味で裏切られた。

この記事を書いている今頃わかったのだけど…、前述の喫茶店でもらったミニガイドブックによると、なんとこのローズ・ガーデン、インド最大で、しかも世界薔薇協会連盟(World Federation of Rose Societies)によって ”Garden of Excellence”に選ばれたこともあり、世界的に知名度も高いのだとか…。

山の斜面に沿って作られているので、まるで棚田のように段々になって薔薇の庭園が広がっている。敷地面積は意外と広く、4ヘクタールもあるそうだ。
DSC09630.jpg

手入れも行き届いており、見たこともないような薔薇が幾種もあり、涼しい気候の中、凛と咲き誇る薔薇の姿はとても美しい。この庭園に植えられている薔薇は2000種類とのこと。ビックリ!
色々な種類の薔薇たち。はぁ、見た目だけでなく、香りも芳し~い。
DSC09627.jpg
DSC09628.jpg
DSC09635.jpg
DSC09642.jpg

やたらと鼻をクンクン鳴らして薔薇の香りを嗅ぐ母を見てか、ピー助もフンフン鼻を鳴らして、花を見ていた(笑)いやはや「子は親の鏡」。注意しなければ…
DSC09634.jpg

粋なことに、ローズ・ガーデンの歩道を埋め尽くすブロックの模様までが薔薇!
DSC09637.jpg
豪華な薔薇の美しさを際立たせるかのような脇役でありながら、可憐な小花たちも見逃せない。
DSC09644.jpg

巨大なインド地図発見。
DSC09649.jpg
そして、これまた粋なことに、タミルナドゥ州には薔薇印が。ナイス・センス!
DSC09650.jpg

上から下へと段々畑のように作られたガーデンを降りて行き、最後には出口に向かってまた登っていくんだけど、登っていく先には清々しい青空がまぶしい。かなり足腰にはきついけど…(涙)
DSC09645.jpg

インドにいながら、意外なことに(?!)、世界的にも有名な薔薇庭園を拝めるなんてありがたい限り。Ootyに行かれたら、是非お立ち寄り下さい。芳しい薔薇の香りに癒されます。

情報として…
ローズ・ガーデン
入場料 大人10Rs 子供 5Rs
カメラ撮影 30Rs
DSC09643.jpg

スポンサーサイト
[2009/06/13 01:58] | インド国内旅行 | トラックバック(0) | コメント(3)
<<ニルギリ高原~その5~ | ホーム | ニルギリ高原~その3~>>
コメント

バラ園素敵です!ここならうちの母も行きたがるかも!
南インドの時間の流れ方って、北よりゆ~っくりな感じがするなぁ~
やっぱり南もまわってみたくなってきました。人々の感じも違いますか?
[2009/06/14 20:46] URL | Chinar #7lm2jX4s [ 編集 ]

チューリップとヒマワリ以外は、全て「花」としか呼ばない私。
でも、ここならいっちょ、
バラを愛でてみようという気になるかもしれません。
何といっても、世界的に有名!この一言に弱いっす。
・・・単なるミーハーか(笑)

でもホンマのとこ、ピー助くんのような
可愛らしい子どもさんと一緒やったら
楽しいやろなぁ。
aranyosさんが書いておられたように、
子どもと一緒に、子どもの目線で
新鮮な「初めての体験」ができる。
・・・目尻下がりっぱなしで、ガラにもなく
あの花この花、指差して回るやろなぁ。
[2009/06/15 02:51] URL | いの #8WFIowAI [ 編集 ]

v-254<Chinarさん
お母様、薔薇がお好きなんですね。それでしたら、このローズガーデンだけでなく、Coonoorは花が多くて本当にお勧めです。
そうですね、南インドには、南国特有のどことなくゆったりした空気が流れているように感じます。人々ものんびり穏やかな印象を受けます。
北インドとはヒンディー語・タミル語と言語も異なり、都会とは違って、洋服よりも民族衣装であるサリーなどを着ている人も多いし…など等、同じインドとは言えど、やはり色々違いがあって面白いです。
南インド、是非機会があれば訪れてみてください。

v-254<いのさん
私も花の名前は詳しくないです…(汗)でも、鉄男とチーコは「これ何?」「何で??」と何でも興味を持つ年頃なので、母としては頑張らねば!!
「世界的に有名」の謳い文句に弱いの分かります。やっぱり、一応「行っとかなアカンやろ!!」って思ってしまいますよね(笑)
それに本帰国してしまったら、なかなか簡単には行けませんからね。是非、在印中にお互いあちこち行きたいものですね。いのさんの旅レポートも楽しみにしています!







[2009/06/15 22:35] URL | aranyos #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aranyos.blog62.fc2.com/tb.php/561-8f035acf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ翻訳

当ブログ内容をお好きな言語に翻訳できます。是非ご利用下さい。

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

プロフィール

aranyos

Author:aranyos
2006年4月家族でインド亜大陸に上陸。
心優しい夫のA-さん、鉄道大好きな息子の
鉄男、プリンセスにあこがれる娘のチーコ
と私に加え、インド生まれのピー助の5人家族。
インドでの目標は
*サリーを作る→次は着られるようにならねば!
*パンジャビスーツを作る→済み
*ヒンディー語にトライしてみる→講座終了
*インド料理を作れるようになる→修行中
*デリーにある全遺跡制覇→日々徘徊中
*国際交流の輪を広げる
「郷に入っては郷に従え」をモットーにインド
生活を楽しむぞ!

2010年10月15日を以て、インド生活に幕を下ろしました。
インド生まれのピー助が成人する2028年に、再びインドの地を踏みたいです!「インド再訪貯金」頑張るぞ~!
本帰国後、新たに、犬の「福ちゃん」も家族に加わりました!
《結論》
ボハット アッチャー!!インド生活!
(インド生活 最高です!!)

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

各国からようこそ~!

月別アーカイブ

aranyos一家のインド生活の歴史です。いつまで?は未定です(笑)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。