アッチャー!? インド生活
これからのインド生活が アッチャー(ヒンディー語で「良い・素敵」)なるか、 はたまたアチャチャ…になってしまうのか? →結果:ボハット アッチャー!!インド生活!《インド生活、ムッチャええ~!》第二弾日本生活ブログは『布団が吹っ飛んだ!』です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
やっと…&まだまだ
「もしかしたら、この家から引越さなアカンかも・・・」、夫A-さんからそう聞かされたのは、去年の12月中旬。まさに「寝耳に水」とはこのことで、本帰国までずっと今の家に住めると思い込んでいたし、引越しなんて考えてもみなかったので、本当に驚いた。驚く、というより、「有り得ない…」と思った(汗)

ここ最近は、世界的な不況の影響もあり、家賃の高騰も一時ほどではなくなったものの、多くの駐在家庭が在印中に家賃の大幅値上げや契約更新で条件悪化などのために、同じデリー市内、もしくはグルガオン・ノイダなどの近郊のベッドタウンへの引越しを余儀なくされている。

それからというもの、まさに「師走」の忙しさに加え、家探しに走り回る怒涛の日々。ピー助を連れて、連日のように6~10件の不動産を見て周り、横になる時間もなく、毎日クタクタに疲れていた。12月、1月、そして2月の今日まで、そんな日々がずっと果てしなく続くかのように思いながら過ごしていた。
そういう意味でも、年末年始のザンジバル旅行は心身ともに解放されリフレッシュできたし、戻ってきてからも、家探しの傍ら、ザンジバル・レポートを書くことによって、楽園の記憶にしがみ付き、何とかやり過ごす事ができた(笑)

結果的に、見て回った物件数は80件を超え、その中でも絞りに絞った数件も、交渉が決裂して上手くいかなかったり、他の人に先に入られたり…、と苦難の道のりだった。
今まで見てきた物件の、ほんの、本当にほんの一部をご紹介。
DSC07195.jpg DSC07209.jpg DSC07215.jpg DSC07221.jpg DSC07227.jpg DSC07230.jpg DSC07233.jpg DSC07254.jpg DSC07257.jpg DSC07260.jpg DSC07269.jpg DSC07271.jpg DSC07276.jpg DSC07280.jpg DSC07307.jpg DSC07312.jpg DSC07316.jpg DSC07331.jpg DSC07375.jpg DSC07401.jpg DSC07408.jpg DSC07421.jpg DSC07453.jpg DSC07188_20090219045225.jpg DSC07582.jpg DSC07551.jpg DSC07532.jpg DSC07622.jpg

夫A-さんは仕事があるので、物件を見て回るのは私。連日のように何件も見ていると、何処がどうだか分けがわからなくなってくるので、デジカメで撮影して、良い物件を夜帰宅後の夫に見せる、という毎日だった。そうして撮影した不動産画像は、実に700枚…(涙)

そして不動産業者からの電話攻撃。「○ブロックに良い物件があるよ」「予算はいくらだ?いつ引越し予定だ?」と毎日リンリン鳴り止まない携帯電話…。不動産業者も10人ほど入れ替わり立ち代りし、誰が何処を見せてくれたかもゴチャゴチャになり、同一物件で異なる業者が鉢合わせして、口論となってしまったり・・・。世間知らずな私にとっては、かなり勉強にもなった。

物件を見る際に、間取り・明るさ・段差の有無・収納の多さ・台所の使い勝手、などなど観察点は多い。クローゼットを開ける時には、「中からゴキブリとか飛び出てくるんじゃないか?」とか「干からびたネズミとか入っていたらどうしよう…」とか、ちょっとビクビクしながら勇気を出してチェックしてみたり…(笑)
強烈なこともあった。引き出しの滑り具合をチェックするために、取っ手に手をかけるもののビクともしない。力を込めて開けた引き出しの中は、な、な、なんとっ、シロアリの巣窟となっていたぁ!!!!ウジャウジャと這い回るシロアリの大群を目にした時は、もう失神しそうになった…(涙)

また、修復作業中の物件で、作業員のお兄ちゃんが、床に寝転がってテレビを見ていたり、ボーっとただ座り込んでいたり・・・。「なるほど、だから作業が進まないわけだね・・・」と妙に納得してしまったり(笑)

今回の家探し、一番の難関だったのは、サーバントクォーター。「サーバントクォーター」とは住み込みのお手伝いさん用の住居であり、インドでは、私達のような契約者が住む住居の裏側や横に隣接して建てられている事が多い。でも、比較的新しい家ほど、サーバントクォーターが狭い、もしくは無い、というところが多く、家もサーバントクォーターも両方とも希望に適う物件を見つけるのはかなり難しい。

3年間、家族同様に暮らしてきたお手伝いさん一家(5人家族)なので、引越しを機に離れてしまうのは寂しいし、ピー助もますます目が離せなくなって、痒いところまで手が届くほどに、私たちの生活を熟知してくれている馴染んだお手伝いさん無しで生活するのはかなり厳しい…(日本でヘルプ無しでやっておられる主婦の皆さん、甘えた事言って申し訳ありません・・・)
お手伝いさんファミリーのためにも、狭いサーバントクォーターではなく、最低でも現在と同等の広さ・レベルの住空間を探さねば、と必死だった。自分達だけが良い家に引っ越して、お手伝いさんの家はどうでもよい、なんて非情なことはしたくなかった。
そういうわけで、自分達もお手伝いさんファミリーも、みんなが納得できる家を探すことが第一だった。

そんな中、「大家族のお手伝いさんはお断り」という大家さんが多いのも難点。理由としては、人数が多いと、ただでさえ水不足なので、余計に水が不足する、ということや、お手伝いさんの家族以外で、友人・親類などの出入りもあると、防犯面の観点からも良くない、とか。そういうことを言われる度に、「我が家のお手伝いさんとその家族は、とても真面目だし、騒いだり迷惑かけたりするような人達ではないから、どうぞ安心してください。」と何度も何度も説明した。でも、そういう交渉の過程で、大家さんとの相性もわかるので、そりが合わない場合ならなおさら、入居後に判明するよりも、前にわかっておいた方が絶対良い。

今回、つくづく、これは自分達だけの引越しではなく、我が家で働いてくれているスタッフさんの引越しでもあるんだ、と強く感じた。また同時に、「人を雇い、その家族の生活を保障する」ということが、どれほど責任重大であるか、が身に染みた。

新しい住居に多い、サーバントクォーター。一人用にしても狭いし、トイレ・バスは共同。日光の照りつける屋上にある等、残念ながら住環境は良いとは言えない。
DSC07457.jpg DSC07362.jpg DSC07207.jpg DSC07361.jpg
凄く急で狭い螺旋階段を上ってサーバントクォーターに行く。ピー助を抱いての昇降はかなりきつい…
DSC07435.jpg
小さなキッチンと専用のシャワー&トイレ、6畳ほどの居室からなるサーバントクォーター。これでもかなり良い方。
DSC07432.jpg DSC07433.jpg


時間もかかったし、色々な苦労もあった。でも、やっと希望に適う家が見つかった。さぁ、これからは、僅かなピー助の昼寝時間に詰めれるだけ荷物を詰めて、荷作りをしなければいけない。荷造り、引越し、忙しくなるぞ~。新居での生活、どんなんだろう??

ところが、それで終わらないのがインドの苦労。引っ越したら引っ越したで、新居のメンテナンスが待っている。勿論、入居前にも修理は頼むけど、生活を始めてから、やれ、水が出ない、電話が繋がらない、あれもこれも壊れている、修理を呼ばなくてはいけない、でも業者は約束の日時には来ない、いつまで経っても事態は改善されない・・・等など。

次はそういう日々が待っているんだろうな・・・。でも、これも予測が付いて覚悟が出来ているのと、できていないのとでは大違い。4月で私達のインド生活も4年目突入。「少々の事じゃへこたれないぞ!何でも来い!!ノープロブレムだ!」と、まさに悟りの心境(笑)
…とか言って、凹んで泣いてしまうこともあるんだろうけどね。
ホント、「山あり谷あり」「楽あれば苦あり」を地で行く生活。強くなってやる~!

というわけで、これからは荷造り・引越しなどで、ブログの更新が滞りがちになるとは思いますが、どうぞ気長に待ってやってくださいませ…。
スポンサーサイト
[2009/02/19 23:30] | インドの苦労 | トラックバック(0) | コメント(16)
<<買い物学習 | ホーム | ピーコックもの>>
コメント

3年住んでいる人にとっても家探しは大変なことなんですね。お疲れ様でした。でも、これから落ち着くまでもまた大変なわけですね。
私たちは自分で探すことは最初からあきらめ、インド生活まもなく3年ですっかり不動産のプロになったとおっしゃるる支店長に探してもらいました。
サーバントクウォーターは別棟にありしっかりしているそうで、前任者のところからやってくるメイドさんは息子も呼べると喜んでいるそうです。
しばらくは私も凹んで泣いてしまうのかな・・・v-436
[2009/02/20 09:30] URL | かなこ #XZ039GEA [ 編集 ]

v-258<かなこさん
ごめんなさい、何だか不安にさせてしまったようですね…
「大丈夫!」とは保証できないところが残念だけど(笑)、ドーンと「まぁ、2ヶ月で整えば万々歳だ!」くらいに思っていれば、意外と数週間で終わって「おぉ、ラッキー!」と思えたりするものです。要は「気の持ち様」とお伝えしたかったわけで・・・
でも、不安で嫌な思いをさせてしまったなら、本当にごめんなさいね、謝ります。
前任者さんからのサーバントさん&不動産プロの支店長さんが選んでくださった物件、と恵まれた環境にあれば、そんなに心配する事もないかもしれませんよ。
まぁ、インドでも日本でも何処でも、引っ越して最初の時期が大変なのは同じだと思います。あまり不安にならず、インド生活楽しむつもりで出発してください!!
[2009/02/20 14:22] URL | aranyos #- [ 編集 ]

そんな~、謝るなんて、全然大丈夫ですv-290
日本という国があまりにも快適で、
宅急便の配達が2時間間隔で時間指定できる国から行くわけですから、
覚悟は必要かなァと思っています。
インドでのトラブルはすべて良いブログネタになると考え楽しんでいきます。
aranyosさんも、だんだん暑くなりますから体に気を付けてくださいね。
ステキなお部屋が完成した画像を楽しみにしています。
[2009/02/20 15:37] URL | かなこ #XZ039GEA [ 編集 ]
グルガオンの住人になるんですね
引っ越すということは、
グルガオンの住人になると言うことですね。

楽しいことがいっぱいありますよ、グルガオンは。
1.京都のラーメン
2.小町の定食
3.さくらで豪遊
4.K2の焼肉
5.ブレッド トークのチーズ ケーキ
6.ハオ シ ニャンニャンの中華料理
7.古都の弁当
8.イタリアーノのイタめし

おーい、食べ物ばかりかいって、
突っ込まないように。
[2009/02/20 23:58] URL | グルガ オン子 #6SV9FYbA [ 編集 ]

とりあえずは、新居決定おめでとうございます!
本当に、家賃の高騰ひどいですもんね・・・ウチも昨年、家賃3倍をふっかけられ、あえなく転居。ご苦労が痛いほどわかります。
ただでさえ良い物件探しが難しいのに、
条件面でいったん折り合いがついたと思っても、簡単に前言を翻されるわ
仲介する不動産屋が、いい加減だわ
さらに幼子をつれての不動産めぐり、大変だったでしょうね~。

引越し完了まで、大忙しの日々が続くと思いますが、お母ちゃんは家族の太陽ですから
お体にだけはどうか十分気をつけてください!!
[2009/02/21 00:35] URL | いの #8WFIowAI [ 編集 ]

ザンジバルに来る前はそんなに大変だったのね。戻られてからもピーちゃんの病気やら物件探しで大変だったんだ。知らずに失礼しました。
うちも家は建てたものの住み始めてからいろんな手直し、やり直しがたくさんです。日本と違ってとんとんと事も進まないし、特に住み始めはストレスたくさんでした。まあ、こんなもんなのかと開き直るしかないんだろうけど。
[2009/02/21 20:53] URL | zeba #- [ 編集 ]

インドでの引越しは、ほんと大変だと思うから無理せんと
しかし、着実に引越しできるよう祈っとくね!
うちは新築だったんだけど、あらゆるものが一通り壊れて
やっと落ち着いた。。って感じだよ。
引越しして心機一転、また新しい気持ちで
インド生活できそうだね。なんだかうらやましいな~
新しい住所、また教えてね!引越し祝いしに行くわ☆
[2009/02/21 23:10] URL | matatabi #- [ 編集 ]
グルガオン子さん
グルガオン、いいですね~
昨日グルガオンに行き、
スペンサーズで2週間分(?)のパンを買いだめし、
横のKFCで遅い昼食代わりにし、
(これまた、KFCの広い事!)
会社と学校が近ければ
グルガオンの方が便利でいいよね~と
子供に話していた所です。
8のイタリアーノはどこなのでしょう?
アラニョシュさんに聞いてみます。

本題に戻り。
お引っ越し、
これまた一筋縄ではいかず、
ぴーすけちゃんも動きたい盛り?で
大変だと思いますが・・
(これ以上、なんとも言えず。)
無事に終わる事を祈っています。
お手伝い出来ず、申し訳ないです。
[2009/02/22 12:00] URL | HARU #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/02/22 19:23] | # [ 編集 ]
引っ越し、がんばって下さい
3年も住んでいた家を離れるとなると、荷物も増えているでしょうし、小さいお子さんを抱えてほんとうに大変そうですね。
お母さんがダウンしてはいけませんので体に気をつけて無理せず引っ越しの準備をして下さいね。
私はまだインドへ行ったことがないので、興味津々でaranyosさんが撮影した写真を拝見いたしました。
主人も1月末に引っ越しをしましたので、skypeで元住んでいたアパートや現在のアパートの室内は見ましたが、サーバントクォーターは初めて見ました。
なんと言っていいのかわかりませんが・・・
やっぱり自分たちばっかりではなく、家族によくしてくれるお手伝いさんのお家なら、なおさらできるだけいいところを探してあげたいと思う気持ちはわかるような気がします。
お手伝いさんにも毎日気持ちよく働いてもらうためにも心地いいお家で過ごしてもらいたいですものね。
[2009/02/23 23:00] URL | Non #- [ 編集 ]

v-258<グルガオン子さん
「食べ物ネタばっかりかいっ!!」っていうのは、常日頃の私への突込みともとれますので、敢えて言及しないようにさせていただきます…(笑)
引越しを機に、グルガオン子さんに続き、「グルガオン美」とでも改名させていただこうかと思ったのですが、残念ながら実現には至りませんでした。よって、かなり魅力的な食い倒れシティーの住民にもなれず、また通うしかありません・・・(涙)
それにしても、ここ最近のグルガオンは、日本人にとって嬉しい外食環境がかなり整ってきていますよね、素晴らしい!!

v-258<いのさん
いのさんも引越しされていたんですね。その後、新居での生活はすっかり落ち着かれましたか??
一昨年までは「家賃の3倍値上げ」はよく聞きましたが、最近はそこまでの高騰はないものの、やはりまだまだ家賃高いですよね・・・
お蔭様で物件探しは終了したので、後は引越し。「お母ちゃんは家族の太陽」かぁ…そんな寛大な存在でありたいものです。我が家の場合、「太陽」ではなく「雷・暴風雨」の方があっているかも・・・反省(汗)

v-258<zebaさん
いえいえ。十分、これ以上はないほどに至れり尽くせりで、本当に心身ともにリフレッシュさせていただきましたよ!!本当にありがとうございました。
zebaさん邸は、本当に素敵だし快適で「こんな家に住みたい!!」という理想のお宅ですよ。それでも、やっぱり手直しは色々出てくるもんなんだね。しかも修理は「ポレポレ」だろうし・・・(笑)
私も「こんなもんなんだ、仕方ない。」と開き直って乗り切ります!ちゃんとzebaさんファミリーに泊まってもらえる様に片付けも頑張るからね~。

v-258<matatabiちゃん
そうやな、心機一転、新たな気持ちでインド生活4年目を迎えたいと思います。新居は現住居よりもグンとmatatabi家に近づいたで!今年のダシャラは、一緒に歩いて「魔王退治花火・爆竹大会」に行けるかも(笑)
引越し蕎麦食べにおいで~(って、そんな余裕あるんだろうか・・・?)

v-258<HARUちゃん
いやいや、お手伝いなんてとんでもない!!HARUちゃんのほうがずっと大変な時期なので、お気遣いなく!!でも、いつも優しいお言葉ありがとうね。それだけでどれほど癒されるか・・・(涙)
「イタリアーノ」ねぇ、確か「京都」の並びだったと思うよ。結構お洒落なお店です。また近々グルガオン子さんと会食予定があるので、詳しく聞いておくね!

v-258<鍵コメのdaisyさん
お久しぶりです!コメント、嬉しかったです。ありがとうございました。
ホント、そちらは大変な状況のようですね。こちらも同じく苦境にあり、お互い事態が改善する事を祈るのみですね・・・

色々ご心配くださっているようですが、全く問題ないですよ!気にしないで下さい。むしろ、こうやってやり取りしていただいている事が、私にとっては大きな励みとなり、同時に、「いつかお会いできるかも?!」というワクワク感に繋がっているので、ありがたく思っている程です。
daisyさんのお仕事、お子様の幼稚園等など、大変なことは多いと思います。お互い離れてはいますが、マイペースで頑張りましょうね!メッセージ、大歓迎ですので、またいつでもどうぞ!!

v-258<Nonさん
そうなんですよ、3年住んでいたので、もう荷物の量が半端でないです!なんとトラック3台分!?まさに「ひえぇぇぇ~!」です(笑)自分の収集癖&捨てられない病を呪いたくなります…。

家の画像は、きっと日本に住んでいらっしゃる方には興味深いだろうな、と思い掲載しました。「インドの家って大丈夫??」と負のイメージをもたれていることも多いので、「そんな酷い家ばかりじゃないよ~。想像以上に奇麗でしょ?!」というメッセージも篭めて・・・。
サーバントクォーター、最初に見たときはショックを受ける方も多いようです。私も今回の物件探しで80件以上のクォーターを見ましたが、「ここには大事なお手伝いさん家族を住まわせるわけにはいかない…」と暗い気持ちになった事が何度もありました。
でも、最終的に双方満足の家を見つけることが出来て、本当に良かったです。
声援ありがとうございます。引越し頑張りま~す!
[2009/02/24 18:34] URL | aranyos #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2009/02/25 19:23] | # [ 編集 ]
残念至極
残念ですね、グルガオンの住人にはなれなかったのですか。

でも、現居住地と同様、治安のいい閑静な高級住宅地と聞いていますし、
なにより、引き続き『やきとら』圏内なのだから、
文句無しではないですか。

それと、
イタリアーノは、京都の並びではありません。
http://www.italianorestaurants.com/
を参照あれ。
[2009/02/26 00:43] URL | グルガ オン子 #6SV9FYbA [ 編集 ]

v-258<鍵コメのHさん
いつも温かいご声援をありがとうございます。
サーバントクォーター、確かに初めて見る方にとってはショックですよね・・・
螺旋階段の急さ、本当に足がすくみます…私は窮所・螺旋恐怖症なので、とても辛かったです。でも、抱っこしているピー助を落っことすような事がなくてホッとしています。
引越し作業、仰ってくださったように、無理のないようにやっていきたいと思います。

v-258<グルガオン子さん
そうですね、仰るとおり、新居も「やきとら」さん圏内だし、万々歳ですよね(笑)
引越しが無事に済んで落ち着いたら、テラスで焼き鳥パーティーしようかな~。

またまたグルガオンのレストラン情報、ありがとうございました。グルガオン子さんを「アッチャー特別グルガオン特派員」として勝手に任命させていただきます(笑)今後ともよろしく!
[2009/02/26 19:02] URL | aranyos #- [ 編集 ]
お疲れさまです
私も同じ物件探しの最中、情報が非常に役に立ちました。私も娘を連れて螺旋階段上りましたー!恐いですよね。苦労がまさに現在進行形で伝わりました。ちなみに、最後の電話の後、現在のお住まいの二件先の家を見に行きましたよー(^-^) はたして、ご近所になれるのか?!
[2009/03/06 01:25] URL | まめぴー母 #- [ 編集 ]

v-258<まめぴー母さん
物件めぐり、お疲れ様!!!ホントその苦労は身に染みてわかります・・・
良い物件が見つかることを心から祈っています。
縁あってご近所になれたら素敵だね!!お互い引越しは大変だけど、何とか乗り切って、落ち着いたらゆっくりお喋り&お茶でもしましょうね。

[2009/03/06 17:16] URL | aranyos #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aranyos.blog62.fc2.com/tb.php/537-6b1e55a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ翻訳

当ブログ内容をお好きな言語に翻訳できます。是非ご利用下さい。

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

プロフィール

aranyos

Author:aranyos
2006年4月家族でインド亜大陸に上陸。
心優しい夫のA-さん、鉄道大好きな息子の
鉄男、プリンセスにあこがれる娘のチーコ
と私に加え、インド生まれのピー助の5人家族。
インドでの目標は
*サリーを作る→次は着られるようにならねば!
*パンジャビスーツを作る→済み
*ヒンディー語にトライしてみる→講座終了
*インド料理を作れるようになる→修行中
*デリーにある全遺跡制覇→日々徘徊中
*国際交流の輪を広げる
「郷に入っては郷に従え」をモットーにインド
生活を楽しむぞ!

2010年10月15日を以て、インド生活に幕を下ろしました。
インド生まれのピー助が成人する2028年に、再びインドの地を踏みたいです!「インド再訪貯金」頑張るぞ~!
本帰国後、新たに、犬の「福ちゃん」も家族に加わりました!
《結論》
ボハット アッチャー!!インド生活!
(インド生活 最高です!!)

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

各国からようこそ~!

月別アーカイブ

aranyos一家のインド生活の歴史です。いつまで?は未定です(笑)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。