アッチャー!? インド生活
これからのインド生活が アッチャー(ヒンディー語で「良い・素敵」)なるか、 はたまたアチャチャ…になってしまうのか? →結果:ボハット アッチャー!!インド生活!《インド生活、ムッチャええ~!》第二弾日本生活ブログは『布団が吹っ飛んだ!』です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告
クラフトミュージアム1
国立民芸博物館、通称「クラフトミュージアム」に行ってきた。インド各地の家屋模型・日用工芸品・壁画・染織工芸品などが展示され、屋外ではインド各地より集められた職人さんによる、各地の特産物の実演・作品の販売もされている。とにかく見所満載の博物館だ。
以前より興味があって、じっくり見たいと思っていたので、一人でゆっくり見たにも関わらず、3時間では足りなかった!また出直さねば…

クラフトミュージアム第一弾は展示物について。
マット、鍋敷き、食器などあらゆる日用品が並ぶ。
DSC00553.jpg

普段使いの品なのに模様を編みこんでみたり、ただの鋏なのに面白い形にしてみたり、こういう職人の粋が伝わる作品、好きだなぁ。
色を変えて編みこんで作られた籠。
DSC00554.jpg


色々な形の鋏。
DSC00556.jpg


何かの神様(いい加減ですみません…)。千手観音みたいにたくさん手があるんだけど、指の一本一本まできちんと繊細に彫られている。
これも信仰心の深さと技術力の表れだなぁ。
DSC00562.jpg


最初「絵画」かな、と思ったけど、近づいてみてビックリ!?
なんと全部刺繍!それも細かく、乱れることのない見事な針仕事。
DSC00560.jpg

DSC00561.jpg


布のコレクションが多く、どれもその作業工程を推測しただけで
溜息が出るほどの逸品ばかり。
DSC00576.jpg


インドにも日本と同じように「絞り」がある。一目一目、縛って染めて
という工程を経て、この模様を作り出すのだ。
DSC00580.jpg


布を重ね合わせて、切り抜いては周りを纏り仕上げていく手法。
模様も様々あって、これらが継承され、目の前に見る事が出来るだけで
感謝の念で一杯になる。
DSC00586.jpg

DSC00585.jpg


白檀の木彫り。これほどまでに細かい細工は見たことがない。
まさに神業としか思えない程の出来。
DSC00590.jpg


家屋の展示。派手さはないけど、黒くなった木が良い味を出していて、
壁には各地で作られる花瓶や飾り皿がかけられ、これまた素敵。
DSC00592.jpg

DSC00595.jpg


外にはテラコッタ作品がズラリ。
DSC00548.jpg


日本人学校の「現地理解・体験デー」でテラコッタで壷をつくった事が
あるけど、あの難しい作業でこれだけの物を作るとは…と驚きである。

この顔が凄く気に入ってしまった(笑)
DSC00550.jpg


嬉しいことにギフトショップもある。展示物を見た後だと、ことさら
今まで見てきたような見事な工芸品がお金を払えば買える、という事がありがたく感じられ、ついつい買ってしまいそうになる。このギフトショップだけでも通いそうだ…(笑)
DSC00547.jpg


クラフトミュージアム、最高です。遺跡公園に次ぐ、私のデリーでの
一押し観光地!是非お時間のある方は足を運んでみてください。

情報として…
National Handicrafts and Handlooms Museum
Pragati Maidan, Bhairon Road
休館日 月曜・祝日
開館 10~17時

DSC00618.jpg


スポンサーサイト
[2007/01/23 22:07] | デリー観光 | トラックバック(0) | コメント(4)
<<クラフトミュージアム2 | ホーム | パワーレンジャー現る!>>
コメント

クラフトミュージアム、前に行きましたが、これだけの展示と屋外での実演・販売を楽しめてその上入場無料!いいよねー。
それにしても、同じ所に行ったのに、aranyosさん、感じ方が深いですねー。
さすがです。
[2007/01/24 22:55] URL | HARU #- [ 編集 ]

e-365<HARUちゃん
そうだよね~、これだけの内容で入場無料は凄いよね!ありがたい。
私は涙もろく感動しやすい単純な性格で、何を見ても、いちいち「おぉ~!」とか
「これは凄い!」とかブツブツ独り言してるので、かなり怪しいかも・・・
空軍博物館もあれだけの内容でタダだもんね、インドって太っ腹~(笑)
[2007/01/25 13:58] URL | aranyos #- [ 編集 ]
はじめまして!
はじめまして!バンガロールに住むトマトと申します。
とても素敵なブログですね~。またデリーに行ってみたく
なりました(デリーには夫の叔父家族が住んでます)。
家族構成も我が家と似ていますし、共感する部分も
多々あります!またゆっくりお邪魔させていただきます。
[2007/01/25 14:34] URL | トマト #MjDKPibA [ 編集 ]

e-365<トマトさん
初めまして。コメントありがとうございます。
私もトマトさんのブログを見せていただきました。
そうですね、お互いに家族構成似てますね~(笑)
インドと日本のダブルの血を受け継いだお子様達、これからが楽しみですね!
私もまたトマトさんのブログに遊びにいかせて頂きます。
これからもよろしくお願いします。
[2007/01/25 19:11] URL | aranyos #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aranyos.blog62.fc2.com/tb.php/221-5dcbbe1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ翻訳

当ブログ内容をお好きな言語に翻訳できます。是非ご利用下さい。

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

プロフィール

aranyos

Author:aranyos
2006年4月家族でインド亜大陸に上陸。
心優しい夫のA-さん、鉄道大好きな息子の
鉄男、プリンセスにあこがれる娘のチーコ
と私に加え、インド生まれのピー助の5人家族。
インドでの目標は
*サリーを作る→次は着られるようにならねば!
*パンジャビスーツを作る→済み
*ヒンディー語にトライしてみる→講座終了
*インド料理を作れるようになる→修行中
*デリーにある全遺跡制覇→日々徘徊中
*国際交流の輪を広げる
「郷に入っては郷に従え」をモットーにインド
生活を楽しむぞ!

2010年10月15日を以て、インド生活に幕を下ろしました。
インド生まれのピー助が成人する2028年に、再びインドの地を踏みたいです!「インド再訪貯金」頑張るぞ~!
本帰国後、新たに、犬の「福ちゃん」も家族に加わりました!
《結論》
ボハット アッチャー!!インド生活!
(インド生活 最高です!!)

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

各国からようこそ~!

月別アーカイブ

aranyos一家のインド生活の歴史です。いつまで?は未定です(笑)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。