fc2ブログ
アッチャー!? インド生活
これからのインド生活が アッチャー(ヒンディー語で「良い・素敵」)なるか、 はたまたアチャチャ…になってしまうのか? →結果:ボハット アッチャー!!インド生活!《インド生活、ムッチャええ~!》第二弾日本生活ブログは『布団が吹っ飛んだ!』です。
ザンジバル旅行 その1~トランジット~
ザンジバルからインドに戻り、人に会うたび「何処行ってきたの?!」とビックリされるほどに日焼けして真っ黒になって帰ってきた私達。鉄男とチーコはザンジバルで連日朝から日没までプールやビーチで遊んだため、もうまさに焦げ焦げ(笑)今現在、顔だけでなく、背中・肩とあちこちの皮が剥けはじめ、それこそ「シマウマ」状態である。かく言う私もまさにシマウマだけど…

さて、インドのデリーからザンジバルへの道のりは果てしなく長かった。
今回私達は、エミレーツでデリー・ドバイ間と飛び、さらにドバイからタンザニアの首都ダルエスサラームへ。大陸側のダルエスサラームからザンジバル島へと国内線飛行機に乗り換える。ちょっとした1泊2日の機内旅行である(笑)
最初心配だったのは、ドバイの空港で乗換えまで10時間の待ち時間を過ごさなければならなかったこと。でも、マルハバ・サービスのお陰でトランジットまで快適に過ごす事ができた。

マルハバ・サービスとは、エミレーツが行っているサービスの1つで、到着ゲートまで係員が迎えに来てくれ、専用ラウンジまで案内してくれる、というもの。出発前にネットで予約できる。
黄色いジャケットを着たマルハバ・サービスの係員さんに誘導されてラウンジへ移動。ドバイ空港は物凄く広いので、誘導してくれるだけでも大助かり。
DSC07755.jpg
マルハバ・ラウンジはビジネスやファーストクラス乗客のラウンジとは別で、4時間毎の使用料金を払えば、飲食付きで過ごせる快適なラウンジ。
ラウンジ内の様子。広々とした空間と、ゆったりくつろげるソファー。
DSC07764.jpg
私達は、深夜12時に到着し、翌朝10時までマルハバ・ラウンジで過ごした。ラウンジ内はとても静かで、無駄な音楽もないし、アナウンスも控えめで、仮眠をとることもできる。広々&ふんわりとしたソファでは横になって寝ている人も多く、比較的空いていたこともあり、子供達は肘掛をくっつけてベッドにして眠りこける。チーコのしているアイマスクはエミレーツの機内アメニティセットで貰ったもの。
DSC07758.jpg

常時飲み物やスナックが用意されており、夜は夜食、朝は朝食、そしてアルコール類まで飲み放題!流石太っ腹のエミレーツ様。
ドリンクコーナー。コーヒーマシーンが設置されており、エスプレッソ、カフェラテ、マキアートなどちょっとした喫茶店みたい!
DSC07761.jpg
夜食コーナー。
DSC07762.jpg
ベイクドチキンとポテト&フレッシュサラダ。深夜にも関わらず食べまくってしまった(笑)
DSC07763.jpg
朝食コーナー。サンドイッチやスクランブルエッグ、ソーセージなどの他、シリアル類も充実。
DSC07766.jpg
空港内のホテルで仮眠するには値段も高いし、街中のホテルをとるにしても、入国手続きもめんどくさいし、タクシーでの移動も大変…なので、そういう観点からも、マルハバラウンジはかなりお勧め!


いよいよタンザニアのダルエスサラームへ飛ぶぞ!ワクワク感は増す一方。
DSC07773.jpg
流石はベストシーズンだけあって、ジャンボ機はヨーロッパからの観光客で満席。機内食はアフリカっぽくクスクスの煮込みやスパイスの効いた肉のソテーなどもあり、美味しかった。
DSC07774.jpg
メニューもアフリカチック。食べたり寝たりして、機内で過ごすこと6時間ちょっと。
DSC07775.jpg


ダルエスサラームの空港。国内線のダイヤは手書きボードで、なんとものんびりした雰囲気で良い感じ!
DSC07780.jpg
ダルエスサラームからは、国内線の小型機でザンジバル島へ20分の飛行。この時点でも、抜けるような青空に感激してしまう。
DSC07781.jpg
子供達はこの小型機に大喜び。「一人ずつ階段を登ってください」との注意書きあり(汗)
DSC07789.jpg
バンの車内程の空間で、窓のすぐ横には翼やプロペラがあって、飛んでいる音や風まで感じられて、もう大興奮!!「スゴ~イ!!こんな飛行機乗ったことない!面白~い!」と大はしゃぎ。ちなみに夫A-さんは、副操縦士の席に座らせてもらって感極まっていた。それについては、こちらにてまた報告があるはず(笑)
DSC07795.jpg
眼下に広がるタンザニアの首都ダルエスサラームの街並み。今までアフリカに対して抱いていたイメージが間違いであった、と気づかされた。結構な都会ぶり。
DSC07805.jpg
いよいよアフリカ大陸を離れてインド洋へ。美しい珊瑚礁の小さな島々。
DSC07812.jpg

やっと目的地ザンジバルに到着!ザンジバル国際空港。
DSC07824.jpg

さぁ、これからザンジバルで6泊7日。どんな素敵な思い出が出来るのか。では、また次回!
スポンサーサイト



[2009/01/08 15:01] | インド国外旅行 | トラックバック(0) | コメント(5)
| ホーム |
ブログ翻訳

当ブログ内容をお好きな言語に翻訳できます。是非ご利用下さい。

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

プロフィール

aranyos

Author:aranyos
2006年4月家族でインド亜大陸に上陸。
心優しい夫のA-さん、鉄道大好きな息子の
鉄男、プリンセスにあこがれる娘のチーコ
と私に加え、インド生まれのピー助の5人家族。
インドでの目標は
*サリーを作る→次は着られるようにならねば!
*パンジャビスーツを作る→済み
*ヒンディー語にトライしてみる→講座終了
*インド料理を作れるようになる→修行中
*デリーにある全遺跡制覇→日々徘徊中
*国際交流の輪を広げる
「郷に入っては郷に従え」をモットーにインド
生活を楽しむぞ!

2010年10月15日を以て、インド生活に幕を下ろしました。
インド生まれのピー助が成人する2028年に、再びインドの地を踏みたいです!「インド再訪貯金」頑張るぞ~!
本帰国後、新たに、犬の「福ちゃん」も家族に加わりました!
《結論》
ボハット アッチャー!!インド生活!
(インド生活 最高です!!)

カテゴリー

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

各国からようこそ~!

月別アーカイブ

aranyos一家のインド生活の歴史です。いつまで?は未定です(笑)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する