fc2ブログ
アッチャー!? インド生活
これからのインド生活が アッチャー(ヒンディー語で「良い・素敵」)なるか、 はたまたアチャチャ…になってしまうのか? →結果:ボハット アッチャー!!インド生活!《インド生活、ムッチャええ~!》第二弾日本生活ブログは『布団が吹っ飛んだ!』です。
夏祭り
モンスーンも去り、セカンドサマーも終わりが近いこの時期、本日、日本人社会の大イベント「夏祭り」が開催された。日本の皆様には「えっ、今頃夏祭りもないでしょ…」って感じでしょうが、インドではやっと30度くらいの涼しさになり過ごしやすくなってきたので、こちらでは待ちに待った夏祭りです。 この日のために、親も子もそして、日本人学校以外の団体・サークルも 準備に汗するのです。そして見事にずらりと並んだ出店の数々、堂々とした盆踊りの舞台、校庭を彩る色電球など、気分は最高、まさに夏祭り! 御神輿もわっしょいわっしょいと担がれ、大人も童心に帰る。 s-DSCN5025.jpg
子供神輿もあって可愛い。 s-DSCN5027.jpg
貴重な日本食のブースでゲットした食事をテーブルでお喋りしながら食べるのもまた良し。 s-DSCN5039.jpg
私は幼稚園の関係で「三角くじ」の出店をお手伝いしたけど、想像以上の大繁盛に嬉しい悲鳴。店番が終わったらビールで乾杯!(勿論母が…) s-DSCN5032.jpg
日本人だけでなく、インド人のお客様や各国の招待客、みんな、子供も大人も楽しんでいる。こんな素敵な夏祭りは久しぶり。 チーコは金魚すくい奮闘中。 s-DSCN5042.jpg
鉄男はたこやきブースにて、上手にクルクル回しながら焼かれるたこやきをじーっと観察。私が「焼くのお上手ですね」と言うと「これが本業ですから~(笑)」と笑顔のどこかの駐在員のおじ様、たこやき美味しかったです! s-DSCN5030.jpg
盆踊りが始まり、幼稚園・小学校・中学校の生徒達が輪になり、とても上手に踊っている。 s-DSCN5061.jpg
幼稚園児は可愛いことに踊りながら、「右ちょん、左ちょん、上から~、下から~」など動きを口ずさみながらやっているので、その声が大合唱になって、一生懸命な様子が伝わってくる(笑) 日本人が手本を見せながら、それを真似する外国の方々の姿も見られ、 みんなで輪になって、太鼓のリズムに酔いしれながら踊る幸福感を味わった。 打ち上げ花火もあった。夜空にドーンと打ち上げられる、赤や黄色の 花火をみんなで見上げながら、子供たちは「わぁ~!」「すご~い!」と歓声を上げる。 s-DSCN5058.jpg
我が家はゲストに、お手伝いさんのモティさん一家とドライバーさんを夏祭りに招待した。二方とも大いに楽しんでくれたようで、帰り道、 新ドライバーさんのアシフさんは「こんな楽しい夏祭りは初めてだった。寿司も初めて食べたよ、美味しかった。誘ってくれてありがとう」ととても喜んでくれた。「来年は一緒に盆踊りを踊ろうね」と、さりげなく「辞めないで来年も働いてね」という願いを込めてみた… 家に帰って、金魚すくいでもらった金魚たちを水槽に移そうと、片手に料理用のお玉を持ってきた私に、夫A-さんは慌てて「そんなやり方じゃ駄目だ、俺がやるから」と、ご丁寧に「水合わせ」というのをやっていました。バレバレでしょうが、大雑把な私はB型、几帳面な夫はA型です。何はともあれ、楽しい夏祭りの思い出の金魚君たちよ、長生きしておくれ~!早くも来年の夏祭りが待ちどおしいです。みなさまお疲れ様でした!
スポンサーサイト



[2006/09/30 23:04] | インド娯楽 | トラックバック(0) | コメント(6)
デリーメトロ
インドに来てずっと気になっていたところがあった。それはデリーメトロ、デリー市内を走る去年完成した地下鉄だ。 うちの鉄男は字のごとく「鉄道好き」なので、デリーメトロは絶対に外せない。ただ、ムンバイのテロもあったし、バスが狙われる事件もあったりと、なかなか公共交通手段はテロの標的になる場合があるので、 極力近づかないように…という話もあり、気になっていたものの乗れないでいた。でも、比較的混んでいない、通勤客のいない日曜日、家族4人で乗ってきました、デリーメトロ! ちなみにこの地下鉄、日本の資本と技術の投入の賜物で、インドの人からも「日本のお陰でこんな便利なものが出来た、ありがとう」と私が「日本人」というだけで、「インド人」を代表して感謝されることもある。そういう時は素直に嬉しくなる。 さて、本題に。日本企業が援助して造ったものだからか、あちこちで「ここは日本?」と見まごう程、日本の地下鉄に似ている。 s-DSCN4745.jpg
まず驚いたのが、点字ブロック。残念ながらインドはバリア・フリーどころか、バリア・フルフルなので、今まで視覚不自由者のサポート類は見たことがなかった。まさに日本と同じ点字ブロックが使用されている。非常出口や表示灯も日本っぽい。そしてこの整然さ。 s-DSCN4746.jpg
さらにスズキのバイクの巨大広告が辺り一面に。ここは日本?! s-DSCN4768.jpg
さぁ、まずチケット売り場へ。これまた「○の窓口」みたいで奇麗だし、行き先までの切符価格の表示もわかりやすい。 s-DSCN4750.jpg
こちらは紙製の切符ではなく、プラスチック製で何度でも使いまわせる。素晴らしいアイデア。 鉄男が手に持っている青と赤のがトークン。 s-DSCN4751.jpg
自動改札の読み取り機にトークンをかざすと、内蔵されているチップに反応してバーが開く。おぉ~!最近日本でも導入されいてるようなシステムだ! ホームに下りる手前にガードマンが。荷物と身体チェックをされる。 デジカメを見て、写真撮影は駄目だよ!と注意される。でも、撮っちゃたよ~、ごめんなさい(笑) 電車が来て、乗り込む。おぉ~、なんと座席が布張りでなくて、ステンレス製。内装はとても清潔で近代的。日本の最新式車両みたい!電光掲示板もあり、次の停車駅の名前をデーブナーガリー文字と英語で表示。 座席は左右に1列ずつ、そして真ん中につり革のついたバーがある。 チーコはつり革を両手に持ち、鉄棒のようにぶら下がってご機嫌。 s-DSCN4775.jpg
違う線に乗り換えもしてみる。エスカレーター前が大渋滞。原因はエスカレーターに戸惑い、いつ足を乗せようか、なかなか踏み出せないでいるおばちゃま。慣れないもんね、私も子供の頃、エスカレーターが怖かったもん、仕方ないよ… 駅の概観はこんな感じ。 s-DSCN4785.jpg
駅を出てみると、タクシー乗り場ならぬ、リキシャー乗り場があった。 ズラーッとリキシャワーラーのおじさんたちが、お客さんを待っている。 s-DSCN4787.jpg
そして駅の隣に聳え立つ、近代的なショッピングセンター。 s-DSCN4786.jpg
この地下鉄の完成によって、生活スタイルが変わる人だっているだろう。渋滞知らずで通勤し、帰りは駅隣のショッピングセンターで買い物。そして周りには高層マンションが建設中。 なんだか、「近代化」という名の下に、本来の各国の独特の持ち味が 薄れ、同じような景色に変換されていくのが、個人的には少し寂しくも思われた… でも、肝心なのは、インドの人々の生活が向上することだ。頑張れインド!陰ながら応援します。
[2006/09/30 05:20] | デリー観光 | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
ブログ翻訳

当ブログ内容をお好きな言語に翻訳できます。是非ご利用下さい。

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

プロフィール

aranyos

Author:aranyos
2006年4月家族でインド亜大陸に上陸。
心優しい夫のA-さん、鉄道大好きな息子の
鉄男、プリンセスにあこがれる娘のチーコ
と私に加え、インド生まれのピー助の5人家族。
インドでの目標は
*サリーを作る→次は着られるようにならねば!
*パンジャビスーツを作る→済み
*ヒンディー語にトライしてみる→講座終了
*インド料理を作れるようになる→修行中
*デリーにある全遺跡制覇→日々徘徊中
*国際交流の輪を広げる
「郷に入っては郷に従え」をモットーにインド
生活を楽しむぞ!

2010年10月15日を以て、インド生活に幕を下ろしました。
インド生まれのピー助が成人する2028年に、再びインドの地を踏みたいです!「インド再訪貯金」頑張るぞ~!
本帰国後、新たに、犬の「福ちゃん」も家族に加わりました!
《結論》
ボハット アッチャー!!インド生活!
(インド生活 最高です!!)

カテゴリー

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

各国からようこそ~!

月別アーカイブ

aranyos一家のインド生活の歴史です。いつまで?は未定です(笑)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する