fc2ブログ
アッチャー!? インド生活
これからのインド生活が アッチャー(ヒンディー語で「良い・素敵」)なるか、 はたまたアチャチャ…になってしまうのか? →結果:ボハット アッチャー!!インド生活!《インド生活、ムッチャええ~!》第二弾日本生活ブログは『布団が吹っ飛んだ!』です。
ビューティーサロン
インド駐在の方は大体、5つ星ホテルの美容室か、インド国外に出たときに髪を切られる。でも、私は「ローカル主義」なので、「まぁ変になっても数ヶ月…」と諦めるし、自爆ネタにしてしまう性格なので、特にこだわらず美容院もそこら辺で済ませてしまう。今回は家から小走りで30秒のCブロックマーケット内にある「ビューティーサロン」を選んでみた。 s-DSCN4850.jpg
以前はボリュームを減らしてもらうだけだったので、そうビクついてもいなかったけど、今回はちょっと髪型自体を変えてみようと、日本から持って帰ってきた『MORE』の「秋のヘアーカタログ集」を持参してドキドキ挑戦! そもそも、インド人女性の髪形といえば、ロングのストレートで前髪は作らないか、真っ直ぐにそろえてしまうか、の2タイプが主流。だから美容師さんもストレートをそろえる・直線で切る、の2点を押さえていれば良いようだ。でも、今回の私の注文はシャギー有り、段カット有り、 ふんわりボリューム付け…とややこしい。 お兄さん、困り果ててオーナーであるお父さんに指示を仰ぎ、チョコチョコと不安一杯に切る。そんな態度を見かねて、お父さん、交代。 いきなりバッサバッサと切り始める…日本のように段階に分けて クリップで留めるなんて事は一切なし!とにかく直線で切りまくる。 「ボリューム押さえてね」と言うと普通のはさみで切ろうとするから、 「いやいや、隙バサミ持ってる?」と注文。「あぁ、あれか」と滅多に使わないのか、奥からガサゴソ持って来る。流石に手入れされていないからかジャキジャキ凄い音がして、髪はどんどんすかれていく… あぁ、どうなるんだろう…、私の顔に不安が読み取れたのか、おじさんはDon't worry!!と豪快に言い切る。 もう良いや、なるようになれ!と諦めて目を瞑っていると「終わったよ」と鏡を見せられる。私が「これにしてね」といった髪型には程遠いけど、60点くらいの出来かな… (見にくいけどカット後の姿) s-DSCN4854.jpg
おじさんがヘアーオイルマッサージをやたら勧めるので、やってもらうことにした。(基本的に悪意のこもっていない勧誘は受ける主義なので)香りのいい清涼感のあるスーッとしたつけ心地のオイル。ナブラタン・オイルという物らしい。 s-DSCN4852.jpg
これを手に取り地肌に刷り込むようにゴシゴシ。髪の毛を生え際から持ち上げるようにして上へ引っ張る。おぉ~気持ち良い!!頭のてっぺんからうなじまで、ヘアーマッサージって最高~!!ヘアーマッサージは息子さんがやってくれて、その横でお姉ちゃんが両腕と手のひら・指の先までをモミモミほぐしてくれる。おぉ、これまた気持ちよくて、眠ってしまいそうzzz… ポンと肩を叩かれて「おしまい」。カーテンで仕切られた個室を出ると オーナーおじさんや従業員の皆さんが食事を広げていた。チャパティと かぼちゃのペースト、瓜のスパイス煮込み、豆のスープ、ライス。 時刻は夕方5時だったので「これ夕飯なの?」と聞くと、皆さん笑って 「ううん、お昼ご飯だよ。今日は忙しかったから、お昼に食べられなかったの」と。「さぁ、マダムも座って食べなよ」と椅子を勧めてくれた。「えっ、良いの!」と図々しくも早速チャパティを手に色んなソースを絡めていただく。美味しい~!インドの家庭料理なんて滅多に食べられないので、とてもありがたかった。「美味しいねぇ、アッチャー、アッチャー!」と言うと、皆さんニコニコしてる。 おじさんが「コーラとリムカ(インドのレモンスカッシュ)どっちが好き?」と聞くので「リムカ」と答えると、わざわざ買って来てくれた。 s-DSCN4855.jpg
ありがたく頂きながら、皆さんとお喋りする。「インドにはいつから住んでるの?」「お仕事は?」「子供は何歳?」「ヒンディー語話せる?」などなど。たまたま、おじさんの持っている車2台とバイクのうち、一台が我が夫の会社のものだったので、「うちの旦那さんその会社だよ」と言うと「おぉ、俺はお得意さんだね!乗り心地良いよ、最高!」と褒めていただけた。そんなこんなで盛り上がって、デジカメで記念撮影。 s-DSCN4851.jpg
気になったのは、みんなが「ドライバーには気をつけろ」としきりに言ってくる。新聞にも載っていたけど、「同じ地区のEブロックでベルギー人のマダムが、ドライバーに刺殺されたんだよ」と… 「インド人ドライバーは悪い奴だから、気をつけろ!」と。 「インド人みんなが悪い人じゃないよ。皆さんみたいな素敵な人もいるし」と反論すると「そうさ、良いインド人は俺だけさ(笑)」なんて、おじさんは笑っていた。こういうタイプのおじさん、好きです(笑) s-DSCN4857.jpg
でも、つくづく思う。「インド人」なんて一括りにして善悪を語るのは好きじゃない。今回ドライバーの件で嫌な事もあったけど、こうやって素敵な人たちもいる。そういう人たちともっと知り合うために、話せるようにヒンディー語を勉強するべきだな、と。 やっぱり、語学の基本は「この人達ともっと話したい」だと改めて実感した「ビューティーサロンdeランチタイム」でした。
スポンサーサイト



[2006/09/24 23:19] | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8)
| ホーム |
ブログ翻訳

当ブログ内容をお好きな言語に翻訳できます。是非ご利用下さい。

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

プロフィール

aranyos

Author:aranyos
2006年4月家族でインド亜大陸に上陸。
心優しい夫のA-さん、鉄道大好きな息子の
鉄男、プリンセスにあこがれる娘のチーコ
と私に加え、インド生まれのピー助の5人家族。
インドでの目標は
*サリーを作る→次は着られるようにならねば!
*パンジャビスーツを作る→済み
*ヒンディー語にトライしてみる→講座終了
*インド料理を作れるようになる→修行中
*デリーにある全遺跡制覇→日々徘徊中
*国際交流の輪を広げる
「郷に入っては郷に従え」をモットーにインド
生活を楽しむぞ!

2010年10月15日を以て、インド生活に幕を下ろしました。
インド生まれのピー助が成人する2028年に、再びインドの地を踏みたいです!「インド再訪貯金」頑張るぞ~!
本帰国後、新たに、犬の「福ちゃん」も家族に加わりました!
《結論》
ボハット アッチャー!!インド生活!
(インド生活 最高です!!)

カテゴリー

カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

データ取得中...

FC2カウンター

各国からようこそ~!

月別アーカイブ

aranyos一家のインド生活の歴史です。いつまで?は未定です(笑)

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する